なぜ 自死者は減らないのか?


先日、驚いた体験をしました。

あるセラピーの教室なのですが、明らかに受講者を見下し、

参加者の前で、質問者を馬鹿にする言動を指導者がしたのです。


そして、その生徒が、どうしてそのような質問をするに至り、

何を確認したかったのか掘り下げたり、確認することもなく、

勝手な決めつけのみで、

その質問者の人格を傷つけるような同意を、参加者に求めたのです。


さらに、その指導者は、

「そういう人(難しいクライエント)が、あなた(質問者)の所に来るのは、あなたがそういう人だからよ。

よく自分と似たような人が来るっていうでしょう?

そういう人には、来てもらいたくないから、来てくれなくていいのよ。」



その「質問者」というのは、そのセラピーを学び、生徒を指導していく立場の方です。

その質問者は、目の前で、自分を指導してくださっている先生が、

実際に、現場で、どのような対応をしているのかを確認したかっただけです。


貴女がもし、この質問者の立場だったら、どう思われますか?



私は、恋愛の相談を受けることがありますが、

今までのケースを振り返ってみると、

うつ病で薬を飲んでいたり、心療内科を勧めたいケースに出会うことが多かったです。

「恋愛相談」は、表向きで、悩みを打ち明けるきっかけに過ぎず、その方が誰にも相談できなかった話に発展することが少なくありませんでした。


現場のたたき上げのカウンセラーの先生から指導を受けたり、心理臨床をしている大学教授や精神科、心療内科の先生が教えてくださる民間のカウンセラー資格を持っていて私も助けられました。

どこで、命を救う機会に巡り合わされるか、
心の耳を澄まし、心の目を見開いてなければならないのが「セラピスト」だと思います。


最近、目の当たりにした指導者のケースでいうなら、

「あなたのような人が来る」ではなく、「あなたの実力に見合った人が来る」のであり、

決して、人格を否定するような言葉で返すのが正解ではありませんよね?

ましてや、「来なくていい」とセラピスト自ら助けを求める人の手を離すとは。。。


生徒を見下し、クライエントの存在も含め、笑いものにする指導者から学びたいと思いますか?

きっと、今まで、この方から学んだ人たちは、それでいいと思って対応している方もいるんでしょうね。。。

他の生徒の前で馬鹿にして辱めるなど、恐怖で生徒を縛り付けたり、
自由を奪うことでは、人は解放されていくことはないのではないでしょうか?


たかこサロン 中里 高子









さとう式リンパケア体験会 詳細・お申込

or

MRT(筋ゆる)体験会 詳細・お申込 



各種さとう式リンパケアセミナー
中里高子の講習会一覧 詳細・お申込


主なメニューと料金/ご連絡


全国のさとう式リンパケア講習会一覧



たかこサロンが掲載されました。
「髪と心のケアは葛西のサロンにお任せ」 
ビジネスヒットチャート2016年度版(ヘルス)


[江戸川区]東京メトロ東西線「葛西駅」徒歩5分
不定休/完全予約制/
営業時間:AM10:00~ 最終受付19:00
お家でできる簡単抜け毛予防・薄毛対策、発毛と育毛のご相談なら
葛西駅から徒歩5分・隠れ家的おうちサロン「たかこサロン」